Skip to content

1種類ではない糖尿病でも最終的な治療法はただひとつ

1種類ではない糖尿病でも最終的な治療法はただひとつ

昔から贅沢病とも呼ばれている糖尿病。

インスリンの働きが弱くなったり、インスリンが分泌されなくなったりして、ブドウ糖が体内に運ばれなくなり、栄養が身体に行きわたらなくなる病気ですが、1種類ではありません。

1型と2型に分かれていて、1型はすい臓でインスリンが分泌されなくなって起こるもので、これは、生活習慣などの影響によるものではなく、若くして糖尿病になる人の多くは1型です。

贅沢病といわれているのは2型で、運動不足、糖質の多い食習慣、暴飲暴食、ストレスなどの生活習慣が原因となっているもので、日本人の糖尿病患者の95パーセントがこの2型なのだそうです。

他にも、違う病気から合併症でなるものや妊娠中になるといったケースもありますが、症状が軽い場合は食生活や軽い運動など薬を使用しない治療法から始まります。

しかし、症状がひどくなると、インスリンを使用した治療しかなく、錠剤の飲み薬から始まり、重度になるとインスリンの注射を自分で打たなくてはいけません。

糖尿病の治療には最終的にはインスリンが1番のようです。

様々な病気の合併症としても挙げられる糖尿病

病気になり治療しているうちに合併症を引き起こして、本来の持病ではなく、合併症によって亡くなってしまうということも少なくありません。

糖尿病という病気を調べていると、そういった合併症により糖尿病になってしまうケースも少なくないようです。

その中でも、良く耳にするのは、褐色細胞腫、肝硬変、慢性すい炎、すい臓癌などで、プロレスの選手やギネスブックなどによって先端巨大症と呼ばれる成長ホルモン異常による病気も良く耳にするように思います。

そういった病気による合併症はもしかするとしょうがないのかもしれません。

糖尿病の治療の方法

1番問題なのは、薬剤性の糖尿病だと誰もが思っているのではないでしょうか。

利尿薬や抗てんかん薬の1種であるフェニトイン、糖質コルチコイドといわれる俗にいうステロイド剤などを長期にわたり使用することによって、合併症によって糖尿病になりやすいという問題を抱えています。

特にステロイド剤は子供にも使用することが多く、多くの病気ややけどなどの治療に使用されている薬剤ですが、こういった合併症の危険を伴うため、必ず医師の診断が必要とされる薬で、要注意が必要です。

Categories: .